2018年07月

    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1533015772/

    1 風吹けば名無し 2018/07/31(火)14:42:52 ID:cWC
    nanj34

    彼に張られたレッテルは、「松井を助けられなかった情けない5番」
    自宅には取材の電話が鳴りやまず、自宅にも押しかけてきた。
    自宅のポストには中傷誹謗の手紙が…。
    大学で野球を続けようと進学が内定していた野球部の練習に入学前から参加するも、そこで心無いからかいをする者と喧嘩して進学はなくなった。
    精神的に参った末、野球を捨てた。
    http://writerzlab.com/kandou-matsuihdeki
    2 風吹けば名無し 2018/07/31(火)14:43:20 ID:nYd
    えぇ・・・

    4 風吹けば名無し 2018/07/31(火)14:44:03 ID:FjI
    悲しいなあ

    【松井秀喜が全打席敬遠された時の星稜の5番】の続きを読む

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1533019014/

    1 風吹けば名無し 2018/07/31(火) 15:36:54.67 ID:XO3u8lVo0
    nanj33

    ― 長打率、本塁打もトップクラスなのに出塁率が最下位。そのことが歯車が噛み合わない原因か?

     そこは数字を見ても明らかなので隠すところではないが、3割打者が何人かいて、出塁率が低いというのは四球が少ないから。

    もっと四球を獲得して出塁率を上げていきたい。沖縄で話したが、優勝するにはチーム防御率3.5以下、盗塁は最低でも70~80、バントも100犠打が必要。
    盗塁とバントに関しては、50試合ほどを残して良いペースで来ていると思う。そういった部分で、防御率4点を下げないといけない。
    2 風吹けば名無し 2018/07/31(火) 15:37:12.45 ID:XO3u8lVo0
    「優勝を争うには、チーム防御率4点以下に」横浜DeNAラミレス監督、後半巻き返しのポイントに言及https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180731-00010005-abema-base

    3 風吹けば名無し 2018/07/31(火) 15:37:47.09 ID:XOr11Kzw0
    たしかに

    【【朗報】ラミレス 方針転換「もっと四球を獲得して出塁率を上げていきたい」 】の続きを読む

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1533020277/

    1 風吹けば名無し 2018/07/31(火) 15:57:57.96 ID:IAPwWFOVr
    nanj32

    2 風吹けば名無し 2018/07/31(火) 15:58:17.44 ID:AJSSRjPRr
    達川

    3 風吹けば名無し 2018/07/31(火) 15:58:37.41 ID:bHqNIFYe0
    村田

    4 風吹けば名無し 2018/07/31(火) 15:58:43.96 ID:HsSS9veQ0
    小久保

    【最も印象に残った引退試合yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy 】の続きを読む

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1533005572/

    1 風吹けば名無し 2018/07/31(火) 11:52:52.02 ID:W7MhdMSap
    nanj31

    全国屈指の激戦区といわれた大阪では、1960年代から1980年代にかけて、私学七強がその覇を競い合う戦国時代があった。

    興国、明星、浪商(現・大体大浪商)、近大附属、北陽(現・関大北陽)、大鉄(現・阪南大高)。そして、全国制覇7度を誇るPL学園──。

     かつて甲子園を沸かせたいずれの私立も、甲子園から遠のいて久しい(2008年夏の近大附が最後)。
    没落した七強の象徴が、2年前に野球部が消滅してしまったPL学園だろう。

    「僕らの時代は甲子園を勝ち抜くことよりも、大阪を勝ち上がることの方が難しかった」

     そう語るのは、中日ドラゴンズで活躍した立浪和義だ。1978年に“逆転のPL”で初めて夏の全国制覇を果たし、2学年上にあたるKK(桑田真澄、清原和博)が甲子園に連続出場していた当時、PLは黄金期を迎えていた。
    一度は大商大堺への進学を決めていた立浪は、高校受験の土壇場で、どこより生存競争の厳しいPLに進路を変更した。

    「当時、PLには選ばれた選手しか入れなかった。そのPLに声をかけてもらったのだから、行くしかないな、と。
    僕らは桑田さん、清原さんらのチームと比較されていましたから、負けられないというプレッシャーは常にありました」

     立浪が主将となった1987年、PL学園は春夏連覇を達成する。野村弘(弘樹に改名)や橋本清ら、3人の投手を惜しみなく投入し、圧倒的な戦力で日本一を達成した。
    複数投手制を敷いた戦いぶりは、現代野球の先駆けといえる。

     その後、KKや立浪、福留孝介らがプロで活躍する一方、PL学園の母体であるPL教団は、野球部の後ろ盾でもあった2代教祖・御木徳近(1982年逝去)という求心力を失い、それに伴う信者の減少によって、野球部への支援は以前より減ってしまう。

     2000年代に入ると、度重なる不祥事の発覚によって、PL野球の背景にある理不尽な先輩・後輩の関係、暴力体質が明るみに出て、信頼は失墜した。
    全国の球児のPLに対する憧れが、1990年代以降に台頭してきた大阪桐蔭や履正社に移っていく。

    【PL学園野球部廃部から2年、OB・立浪和義氏の今の思い 】の続きを読む

    このページのトップヘ