火ってズバリなんなん?

4.png
1: 名無しさん@涙目 ID:hHzmxf0Kp
何で構成されとるん?
2: 名無しさん@涙目 ID:Vxv3s3PI0
分かる
3: 名無しさん@涙目 ID:iQ67B+qw0
物質やないらしいで
5: 名無しさん@涙目 ID:hHzmxf0Kp
>>3
奇天烈なこったねぇ
4: 名無しさん@涙目 ID:ag4PsrEW0
熱や
9: 名無しさん@涙目 ID:hHzmxf0Kp
>>4
フワフワしとるわしっくりこない
6: 名無しさん@涙目 ID:t6sv7iMU0
教えたろか?
10: 名無しさん@涙目 ID:hHzmxf0Kp
>>6
おしえて
7: 名無しさん@涙目 ID:4gnoDNfR0
なんやろね
化学反応かね
11: 名無しさん@涙目 ID:hHzmxf0Kp
>>7
むーん
14: 名無しさん@涙目 ID:4gnoDNfR0
>>11
燃えるもんなくなったら消えるし一時的に見える現象かね?
8: 名無しさん@涙目 ID:TDBd6LgUd
酸化反応
12: 名無しさん@涙目 ID:w9HBas/fK
プラズマや
13: 名無しさん@涙目 ID:2UT5b4Qfd
強い熱が加わった物質に起こる現象は果たして本当に「燃焼反応」だけやろか?
実は他にも、燃料を気化させる現象や固形燃料を細かく分解する現象も同時に起こしているんやで。

水に火をかければ燃えますし、ガソリンをゆっくりと(火を使わずに)温めれば気化するやろ。さらに、紙や木に火を付けて燃やすと最終的にはバラバラになってしまいます。強い熱は固形物の組成を化学反応で変化させ、バラバラにしてしまうんや。
15: 名無しさん@涙目 ID:d0dI7QkSd
現象
16: 名無しさん@涙目 ID:2UT5b4Qfd
こうして気化した燃料やバラバラになった固形燃料は微粒子となって空気中に放出されるんや。そして、熱を持った気体は重力下では上昇していく性質があるため、これらは勢い良く上昇していくんやで。

そして、これら酸素が豊富な空気中を上昇する微粒子は、当然のように「燃焼しながら」上昇していくんや。

これが炎の正体やで。
17: 名無しさん@涙目 ID:2UT5b4Qfd
炎が総じて上に向かって伸びていくのは、この正体が気化した燃料や熱を得た微粒子が熱で上昇ながら燃えていたからで、燃焼反応が上手いことあの炎の形になっているわけではないんや。

炎と言うのは確かに現象である一方で、「燃えている微粒子」ということも出来るかもしれへんな。
18: 名無しさん@涙目 ID:2UT5b4Qfd
わかった?
19: 名無しさん@涙目 ID:oZ+F9aIjM
気体が燃えてるんやろ
20: 名無しさん@涙目 ID:I9JXJZSe0
プラズマ(火)

気体(水)

液体(風)

固体(地)

引用元:https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/livejupiter/1560324122/




●オススメ野球記事





カテゴリ:雑談 ラベル: Comment (0)

関連する記事

この記事へのコメント