【悲報】《野球視聴者》の実態(´・ω・`)

bustos-756620__340.jpg
1: 名無しさん@涙目 ID:JuzjNyNT0
プレミア12の実態

野球が深刻なのは、視聴者が超高齢化している点。
VRが測定する世界野球プレミアでの個人視聴率は平均で6%ほど、日本シリーズは
5%ほどと聞く。しかもこの数字は、70~80代が20%ほどをとることで、平均が維持されているという。
明らかに野球は、高齢者向けコンテンツとなっている。
VRの個人視聴率は公開されていないので、関東で2000世帯の視聴率を測定する
スイッチ・メディア・ラボのデータで、スポーツ中継の性・年齢・属性などの含有率で確認してみよう。
野球で多いのは、M3-(男50~64歳)・M3+(男65歳以上)・無職層。要は年金生活の高齢者が、
一人あるいは老夫婦のみで見ている場合が多い。
そして心配なのはFT~F3-(女13~64歳)での含有率が低い点。若い女性に人気がなく、
子供と一緒にお母さんが見ているケースも少ない。
一方ラグビーW杯やW杯バレーボールは、C層(男女4~12歳)やT層(男女13~19歳)と、
F2やF3-(女35~64歳)が多い。子供と母親が一緒に楽しんでいる家庭が多いと推測される。
しかも世界野球プレミアは、4年前に比べ明らかに世帯視聴率が下がった。
このままでは、野球人気は今後も低落しかねない。





2: 名無しさん@涙目 ID:JuzjNyNT0
巨人戦はオワコンか~日本シリーズ視聴率一桁から見える現実~
中高年にも見限られた!
今年7月31日の巨人対広島戦(夜7時~)は、実は5.1%と歴史的な惨敗だった。
その時に業界で話題になったのは、個人視聴率の中身。49歳以下は男女どの層も一桁の
前半。男50代で何とか一桁の半ば、60代から74歳で一桁後半。そして二桁に乗るのは
後期高齢者以上で、ピークは男85~89歳となった。
巨人戦は明らかに“おじいちゃんのコンテンツ”なのである。

3: 名無しさん@涙目 ID:JuzjNyNT0
この状況は、今回の日本シリーズでも一緒だった。
スイッチ・メディア・ラボの詳細な層別個人視聴率で見ると、ラグビー日本代表戦は
足元にも及ばないものの、「ニュージーランド対アイルランド戦」で互角な数字を出せたのは、
会社経営・自営の人たちだけだった。
小中高生や大学生は比較的善戦したが、20~64歳では男女どの層も外国同士の
ラグビー中継に大差をつけられてしまっていた。
おじいちゃんを除き、中高年にも今や巨人戦は見限られているようだ。
バレーボールにも劣後
ラグビーW杯に太刀打ちできないだけじゃない。
10月9日と11日には、セリーグのクライマックスシリーズがW杯バレーボール
日本男子代表戦と重なった。そこでも巨人戦は及ばなかったが、層別個人視聴率でみると、
今後を悲観せざるを得ない結果となっていた。
巨人戦が明らかに上回ったのは、男50歳以上。
ところが女35~64歳では大きく水をあけられ、小中高生の間でもバレーボールに
軍配が上がっていた。テレビ視聴者の過半を占める女性で劣勢で、かつ子供たちにも見られない。
今後に不安を残す結果と言わざるを得ない。

4: 名無しさん@涙目 ID:JuzjNyNT0
スポーツ中継戦国時代!~野球は地盤沈下から挽回できるか?~
https://news.yahoo.co.jp/byline/suzukiyuji/20191108-00150052/

ソースね

5: 名無しさん@涙目 ID:JuzjNyNT0
巨人戦はオワコンか~日本シリーズ視聴率一桁から見える現実~
https://news.yahoo.co.jp/byline/suzukiyuji/20191027-00148483/

ソースね

6: 名無しさん@涙目 ID:JuzjNyNT0
2019年 プレミア12視聴率
オープニングラウンドの3戦、ベネズエラ・プエルトリコ・台湾との平均は11.3%だった。

『2022FIFAワールドカップアジア2次予選』で、日本代表はミャンマー・モンゴル・タジキスタン
と対戦した。3試合の平均は12.8%

7: 名無しさん@涙目 ID:JuzjNyNT0
よかったな
ただし野球も、ソフトバンクの福岡、カープの広島、日本ハムの北海道、楽天の東北など、
地域密着で高い視聴率を保っているエリアもある。
時代のこうした変化に出遅れた関東エリアで、野球の後退が特に目立つ。

8: 名無しさん@涙目 ID:68sxhA0La
それを語るのであればまずテレビが若者に見られているのかという点から議論する必要があるのではなかろうか

9: 名無しさん@涙目 ID:JuzjNyNT0
>>8
ラグビーとかサッカーとか見てるで

10: 名無しさん@涙目 ID:JuzjNyNT0
関東の巨人は老人しか見てない

11: 名無しさん@涙目 ID:p6N7WUNw0
このスレは伸びる(確信

12: 名無しさん@涙目 ID:JuzjNyNT0
>>8
明らかに野球は、高齢者向けコンテンツとなっている。
VRの個人視聴率は公開されていないので、関東で2000世帯の視聴率を測定する
スイッチ・メディア・ラボのデータで、スポーツ中継の性・年齢・属性などの含有率で確認してみよう。
野球で多いのは、M3-(男50~64歳)・M3+(男65歳以上)・無職層。要は年金生活の高齢者が、
一人あるいは老夫婦のみで見ている場合が多い。
そして心配なのはFT~F3-(女13~64歳)での含有率が低い点。若い女性に人気がなく、
子供と一緒にお母さんが見ているケースも少ない。
一方ラグビーW杯やW杯バレーボールは、C層(男女4~12歳)やT層(男女13~19歳)と、
F2やF3-(女35~64歳)が多い。子供と母親が一緒に楽しんでいる家庭が多いと推測される。
しかも世界野球プレミアは、4年前に比べ明らかに世帯視聴率が下がった。
このままでは、野球人気は今後も低落しかねない。

13: 名無しさん@涙目 ID:JuzjNyNT0
巨人戦は明らかに“おじいちゃんのコンテンツ”なのである。

巨人ファンはおじいちゃんしかいないのか

14: 名無しさん@涙目 ID:JuzjNyNT0
この秋はテレビでスポーツ番組が花盛りとなっている。ただし反比例するように、野球の地盤沈下が目立つ。スポーツの隆盛と、野球の地盤沈下について考えてみた。

15: 名無しさん@涙目 ID:JuzjNyNT0
巨人だけでなく、世界野球プレミアも深刻だ。

オープニングラウンドの3戦、ベネズエラ・プエルトリコ・台湾との平均は11.3%だった。4年前の開幕からの3戦は16.5%だったから、3分の1ほど視聴者を失った格好だ。

16: 名無しさん@涙目 ID:LxUilY2G0
虚カスはジジババ多いな

17: 名無しさん@涙目 ID:JuzjNyNT0
野球人気がるのはここだけ
ただし野球も、ソフトバンクの福岡、カープの広島、日本ハムの北海道、楽天の東北など、
地域密着で高い視聴率を保っているエリアもある。
時代のこうした変化に出遅れた関東エリアで、野球の後退が特に目立つ。

18: 名無しさん@涙目 ID:ProFOLs20
テレビ以外で観てるだけだろ

19: 名無しさん@涙目 ID:JuzjNyNT0
>>18
テレビ以外なんてほとんどいないだろう

20: 名無しさん@涙目 ID:CRJStr3G0
>>19
関東で2000世帯ってサンプル数少な過ぎて偏り出て統計的には意味ないと思うんだけど
そこら辺の精査ってちゃんとしてる?

21: 名無しさん@涙目 ID:JuzjNyNT0
プレミア12と日本シリーズなんてテレビでしか見ないだろう







●オススメ野球記事
































引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1573297708/

カテゴリ:野球 ラベル:Comment (0)

関連する記事

この記事へのコメント